痛くない治療・予防 ができる横浜駅西口の歯医者さん

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-1-22ナガオカビル6F
JR横浜駅西口より徒歩3分

診療時間
10:00~14:00 × × ×
15:30~18:00   ×   × ×
15:30~19:30     ×   × ×

△:10:00~13:00/14:00~17:00 休診日:木日祝

お問合せ・ご予約はこちら

045-317-8558

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿とは

口の中は常に湿った状態にあります。

歯科治療では様々な材料を使用しますが、歯の表面が唾液や血液・組織液で汚染された状態では正しい効果が得られないことがあります。

また、歯の神経の治療をする際には唾液中の細菌にいかに感染させないようにするかが非常に重要となります。歯の神経の部分は根の先から骨につながっており、唾液中の細菌が侵入することで骨の中で増殖し、神経の治療の成功率を下げる可能性があります。

これらの事態を避けるためにラバーダム防湿法を使用することがあります。

ラバーダム防湿法とはゴム(ラテックス)のシートを用いて治療する歯のみを隔離する方法です。

ラバーダム防湿法のメリット

  • 歯や金属を削ったときにでる削片や消毒等に使用する薬品を吸い込んだり、飲み込んだりすることを防ぎます。
  • セラミックを装着する際に使用する接着材がしっかりとくっつきます。唾液や血液に汚染された状態の歯には接着材はきちんとくっつきません。接着不良は術後の痛みや欠け、割れの原因になることがあります。
  • 歯の神経の治療は可能な限り、細菌の感染を防ぐ必要があります。ラバーダムをすることで唾液および呼気から歯を持続的に隔離でき、口の中の細菌の侵入を防ぎます。

しっかりとした治療、特に根の治療やセラミック治療には治療の予知性を高めるために必要な処置です。

日本でラバーダムを日常的に使う歯科医師は数%と言われていますが、欧米では以前より標準的な方法です。

お口がシートに覆われて苦しそうに見えますが、唇の部分には隙間があり、鼻から呼吸もできます。

ラバーダム防湿法は簡便であり、治療をより確実なものにする方法です。

ご理解ご協力をお願い致します。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

045-317-8558

診療時間

 
午前 × ×
午後 1   ×   ×
午後 2     ×   ×

午前:10:00~14:00
午後 1:15:30~18:00

午後 2:15:30~19:30
土曜午前:10:00~13:00
土曜午後:14:00~17:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

045-317-8558

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-1-22ナガオカビル6F
JR横浜駅西口より徒歩3分